児童施設訪問から被災地支援まで幅広く。 東日本大震災の被災地でのボランティア活動やスポーツイベントでの医療サポートに参加

チャリティ白衣ファッションショー
~Medical wear collection 2013~

場所
 イベントスペースCARATO71(代官山)

日時 2013年1月27日 (日曜日)

時間
13時15時の2回公演

来場者数
約300名

 

ハードな診療の現場で頑張る医師たちのモチベーションを支える、スタイリッシュな白衣を紹介するファッションショーです。

実際に白衣を着て診療している現役医師をショーモデルに起用。その日本初の試みは注目を集めました。

ショーの構成などは、パリのGIVENCHY創始者ユーベル・ド・ジバンシィとそのアシスタントに師事された杉野服飾大学の矢野海児教授をはじめとする教員ならびに学生の皆様がボランティアで行って下さいました。

白衣という狭いカテゴリの中での80着にもわたる演出は、服飾学的にもきわめて高度で学術的価値があるものです。

 ご来賓挨拶
参議院議員 武見敬三

 

共催

白衣専門店Professor´s round 

 

協賛企業 
医療法人 鳳友会・鳳愛会、株式会社アプロン東京、S.C.R.U.B.S、フォーク株式会社、Zion White inc.(swan)、株式会社デサント、ケンツメディコ株式会社、株式会社OCT、BEAMES MEDICAL、avie、国境なき医師団、アイトス株式会、株式会社星和、株式会社ムサシノ、株式会社明成。ゴールド化成工業株式会社、富士ゴムナース株式会社、昭和化学工業株式会社、株式会社ポーラファルマ、株式会社B-FIRST、ジョーズシャンハイジャパン株式会社、ペッパーフードサービス、モビールキャビネット、日本ロレアル・ラロッシュポゼ、株式会社明治、CARATO71、美味飲茶酒楼、上岡医院、センスイットスマート、日本クラフトビール、製薬会社マルホ、合同会社Telelmage、ロココ美容外科、M・R Walking studio

 

イベントの収益の85万6235円(ショーのチケット代及び協賛金など)を寄付

寄付先  スペシャルオリンピックス

 

白衣や聴診器など医療用具(白衣・スクラブ13着、聴診器1個)を寄付

寄付先  青年海外協力隊を通じて途上国での医療活動現場

No Photo No Photo No Photo No Photo
4 / 41234