児童施設訪問から被災地支援まで幅広く。 東日本大震災の被災地でのボランティア活動やスポーツイベントでの医療サポートに参加

チョコラン2014in東京 ~チョコレートを愛する人のRUN~ 医療サポート

チョコラン2014in東京 ~チョコレートを愛する人のRUN~ チョコラン2014in東京 ~チョコレートを愛する人のRUN~

日時 2014年2月2日

場所 潮風公園+お台場ランニングコース

 

大阪で行われた「チョコラン チョコレートを愛する人のためのラン」が東京でも開催され、
こちらでも医療サポートをさせていただきました。

No Photo No Photo No Photo No Photo

チョコラン2014in大阪 ~チョコレートを愛する人のRUN~ 医療サポート

チョコラン2014in大阪 ~チョコレートを愛する人のRUN

日時 2014年1月19日

場所 服部緑地陸上競技場

 

ラン女医会からボランティア活動のご報告です。
「チョコラン」とは、エイドステーションならぬ「給チョコ所」で、高級チョコ菓子や慣れ親しんだチョコ菓子が食べられる、世界で唯一のランイベントです!

2.5km、5km、10㎞のランニング大会に1200人参加参加されました。

En女医会はステージでストレッチのアドバイスもさせて頂きました。

ランナーと一緒に走る食べるの救護パトロールラン。

途中雪がちらついたり青空見えたり。寒かったけど大きな怪我もなく自分たちも同じように走って食べてスマイルラン♪

チョコを食べて楽しむランニングイベントかと思っていましたが、ランナーは素晴らしい記録を出される方もおられました。

 

ラン女医会は体感するボランティアを目指します!

http://www.sportsone.jp/choco/

 

チョコラン2014in大阪 ~チョコレートを愛する人のRUN~ チョコラン2014in大阪 ~チョコレートを愛する人のRUN~ チョコラン2014in大阪 ~チョコレートを愛する人のRUN~

スペシャルオリンピクス エールラン 2013 医療サポート&チャリティラン

日時 2013年9月4日(水曜日)

場所 国立競技場

スペシャルオリンピックスとは、知的障害のある人たちに様々なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を、年間を通じ提供している国際的なスポーツ組織です。

このエールランは、チャリティランイベントです。

En女医会は医療サポートとしてのボランティアと、チャリティランに参加するという両方でサポートしました。

熱中症で倒れるランナーはなく、外傷は軽傷二名で無事に終了しました。

 

No Photo No Photo

「Number Do駅伝2013」で医療サポート

NumberDo

日時 2013年8月31日

場所 国立競技場

 

雑誌「Number Do」の文藝春秋が主催する「Number Do 駅伝2013」が2013年8月31日にスポーツの聖地・国立競技場で開催されました。

 

救護所にて救護にあたるメンバーと、参加者と一緒に駅伝のコースを走りながら、救護の必要なランナーと遭遇した場合にサポートする『医療サポートランナー』としてのボランティア活動に、En女医会からは11人参加しました。

 

雨が心配されていましたが幸い好天気に。気温も上がり、まだ気温の高い時間からウォーミングアップをする参加者も多くおられました。

駅伝では日頃の走力以上に張りきってしまうランナーも多いようです。今回は18時スタートのナイトランでしたが、まだまだ脱水症状対策が重要でした。

 

No Photo No Photo

「おいでよ!東京プロジェクト 2013」

日時 2013年8月19日(月曜日)

場所 キッザニア東京

 

福島と東京の児童養護施設の子供たちに夏休みの楽しい1日を。

東北の子供たちを支援する特定非営利活動法人BLUE FOR TOHOKUさんと、コラボレーションをして、「福島と東京の児童養護施設の子供たちに夏休みの楽しい1日」をプレゼントしました。

キッザニアで職業体験を行っていただくほか、グラウンドでは力士や陸上選手と一緒に身体を動かして遊びました。

担当のお子さんを決めて、朝の9時から17時まで目いっぱい遊んだため、別れ際はとても寂しかったです。

 

No Photo No Photo No Photo No Photo

東北復興地生活再建支援 キラキラ☆歯ブラシプロジェクト at神戸コレクションマーケット2013 SPRING/SUMMER

日時 2013年3月9日

場所 神戸コレクションマーケット ワールド記念ホール

 

日本最大のファッションショー/イベントである神戸コレクションは年2回開催されています。今回、東日本大震災からちょうど2年目にあたる、3月9日に開催された神戸コレクション。

その中の神戸コレクションマーケット2013SPRING/SUMMERにて、震災を経験した神戸から東北に伝える「神戸ガールmeets 東北ガール」というコーナーにEn女医会の 「東北復興地生活再建支援 キラキラ☆歯ブラシプロジェクト」のブースを出させていただきました。

 

この「東北復興地生活再建支援 キラキラ☆歯ブラシプロジェクト」では、石巻でネイリストを目指す研修生が、歯ブラシにキラキラのデコレーションをしたものを販売し、収益を石巻に寄付しています。

今回はその石巻でネイルスト研修生としてがんばっている方々を神戸にお招きしました。

初めて飛行機に乗って神戸というところまで来ていただき、すっかり震災から復興した神戸の街を散策してもらいました。もちろんファッションショーも見ていただき、こちらの神戸コレクションマーケットのブースでは販売のお手伝いもしていただきました。

 

今回の神戸コレクション限定デザインのキラキラ☆歯ブラシは、神戸コレクションに来てくださった方々にも大人気で、準備していた300本完売いたしました。

また、石巻のネイリスト研修生さんたちへのメッセージカードもたくさん書いていただきました。

石巻のネイリスト研修生さんたちにもしっかりと皆さんの思いが直接伝わりました。

皆様ご協力本当にありがとうございました。

チャリティ白衣ファッションショー
~Medical wear collection 2013~

場所
 イベントスペースCARATO71(代官山)

日時 2013年1月27日 (日曜日)

時間
13時15時の2回公演

来場者数
約300名

 

ハードな診療の現場で頑張る医師たちのモチベーションを支える、スタイリッシュな白衣を紹介するファッションショーです。

実際に白衣を着て診療している現役医師をショーモデルに起用。その日本初の試みは注目を集めました。

ショーの構成などは、パリのGIVENCHY創始者ユーベル・ド・ジバンシィとそのアシスタントに師事された杉野服飾大学の矢野海児教授をはじめとする教員ならびに学生の皆様がボランティアで行って下さいました。

白衣という狭いカテゴリの中での80着にもわたる演出は、服飾学的にもきわめて高度で学術的価値があるものです。

 ご来賓挨拶
参議院議員 武見敬三

 

共催

白衣専門店Professor´s round 

 

協賛企業 
医療法人 鳳友会・鳳愛会、株式会社アプロン東京、S.C.R.U.B.S、フォーク株式会社、Zion White inc.(swan)、株式会社デサント、ケンツメディコ株式会社、株式会社OCT、BEAMES MEDICAL、avie、国境なき医師団、アイトス株式会、株式会社星和、株式会社ムサシノ、株式会社明成。ゴールド化成工業株式会社、富士ゴムナース株式会社、昭和化学工業株式会社、株式会社ポーラファルマ、株式会社B-FIRST、ジョーズシャンハイジャパン株式会社、ペッパーフードサービス、モビールキャビネット、日本ロレアル・ラロッシュポゼ、株式会社明治、CARATO71、美味飲茶酒楼、上岡医院、センスイットスマート、日本クラフトビール、製薬会社マルホ、合同会社Telelmage、ロココ美容外科、M・R Walking studio

 

イベントの収益の85万6235円(ショーのチケット代及び協賛金など)を寄付

寄付先  スペシャルオリンピックス

 

白衣や聴診器など医療用具(白衣・スクラブ13着、聴診器1個)を寄付

寄付先  青年海外協力隊を通じて途上国での医療活動現場

No Photo No Photo No Photo No Photo
3 / 3123