佐渡裕 & スーパーキッズオーケストラ

「世界的に活躍する指揮者である佐渡裕さんが芸術監督を務める
スーパーキッズ・オーケストラ(SKO)は、兵庫県立芸術文化センターの
小学生から高校生までの弦楽器によるオーケストラです。
東日本大震災の被災地において復興祈念演奏活動を2011年から行っています。
2016年からは熊本地震の被災地でも活動しています。
En女医会はその活動を支援しています。

スーパーキッズオフィシャルサイトはこちら

佐渡裕&スーパーキッズ・オーケストラ 2017復興祈念公演活動 in くまもと~東北

佐渡裕&スーパーキッズ・オーケストラ 復興祈念公演活動inくまもと~東北

日時 2017年3月30日木曜日~4月3日月曜日 5日間

場所 熊本県南阿蘇村・益城町・熊本市  宮城県仙台市・七ヶ浜村 岩手県宮古市・大槌町・釜石市

佐渡裕&スーパーキッズオーケストラ 復興祈念公演ツアー

阿蘇ファームランド

初日は神戸からの大移動で熊本県南阿蘇村に到着

阿蘇ファームランド内の広場でコンサートが行われました。

ブログはこちら

 

益城中学校

熊本地震では一番被害の大きかったといわれている益城町。

今日の公演がおこなわれるのはそこにある益城中学の体育館です。

ブログはこちら

③熊本県庁

熊本県庁での公演は今回で2回目となります。

我々が到着したときには、もう既に公演会場の県庁ロビーには多くの方が待っておられました。

集まってこられた方々に手ぬぐいと歯ブラシをお配りして回りました。

ブログはこちら

 

④七ヶ浜国際村ホール

七ヶ浜国際村のホールは舞台のバックがガラス張りで、海が見えるようになっています。

チャリティTシャツの販売もあり公演後に佐渡裕さんのサイン会が急遽開かれ、またしても長蛇の列でした。

ブログはこちら

 

 

⑤せんだいメディアテーク

こちらでも歯ブラシをお配りしました。

司会のゆさみゆきさんから会場の皆さんにEn女医会もご紹介頂きました。

ブログはこちら

 

⑥宮古市民文化会館

災害の起こったときがこんなに寒い時期だったと再認識されます。

ブログはこちら 

⑦大槌学園

宮古から大槌町へ

大槌学園の体育館での初めての公演。

始まる前に、En女医会の健康セミナー「今日から始める実践ロコトレ~自分の足でいつまでも歩けるように~」 を開催いたしました。

「花は咲く」「ふるさと」も皆さんと一緒に歌っていただき感動と元気をもらいました。

 

こちらでも「佐渡裕&スーパーキッズ・オーケストラ こころのビタミンプロジェクト in くまもと~東北」限定歯ブラシをお配りしました。

ブログはこちら

 

⑧鵜住居公民館

最後の公演会場は、これもまた、真新しい鵜住居公民館で行われました。

はじめに「釜石市民吹奏楽団」「くらぶ海音」の演奏がありました。

ブログはこちら

 

⑨根の浜海岸鎮魂演奏

釜石市では行方不明の方は現在152

昨日の大槌町では423

まだ多くのかたが眠る海

波と音とスーパーキッズ・オーケストラの音楽が掛け合っていました。

2011年の震災後に宝来館の女将さんの佐渡裕さんに宛てた手紙を読んでくださいました。

 ブログはこちら

皆様ありがとうございました。